企業概要

世界最大級ドローンで

新たなソリューションの想像を。

Vision 
革新的技術の活用による新たな社会インフラの創造。

Mission
最新のドローン技術を活用し、災害現場での活用及び、離島遠隔地の生活環境の改善など未踏領域への挑戦をする。

​大型ドローンの専門部隊。

​代表取締役社長

波多野昌昭

2010年に漫画専用YouTube[VizMedia]を小学館へ売却、2011年より楽天、リクルートのベンチャーキャピタル部門に所属し海外スタートアップ向け投資活動をする。

 

2015年にオンラインプログラミングスクール、
株式会社BeSomebodyを創業、10万人の生徒がいる。

Drone Future Aviation Inc.は2017年9月に創業
「世界を劇的に良くする社会インフラの構築」を目指し日本初の大型ドローンスタートアップを開始する。

COO​

松林大悟

1973年生まれ。静岡県藤枝市出身。明治学院大学を卒業後、広告代理店にて大手住宅メーカーを担当、最優秀営業賞獲得。 ​

 

1998年より「ジャニーズ事務所」にてマネージャー、広報部、海外イベント事業部、チーフマネージャーを経て、2003年に起業。

​現在は家電販売EC、健康食品EC、飲食店、IT関連企業などを経営しながら、複数の企業に対して投資事業を行う。2018年1月DFAの取締役に就任し、主に事業戦略を担っている。

​チーフマネージャー

舟迫洋平

1999年に群馬工業高等専門学校を卒業後、千葉大学 工学部画像工学科(現、画像科学科)に編入学。

株式会社ウェザーニューズにて放送局向け天気予報CGのプログラムを担当。日産自動車株式会社、ヤフー株式会社を経て2017年にピーエイチ・プラス株式会社を設立。

新たな映像表現としてドローンに着目し、機体製作から操縦、映像編集を行う。 機械工作をはじめとしたものづくりからWebサービス開発、ソフトウェア開発まで、「創る」ことの全てに関わらなければ気が済まない稟質。

アソシエイト​

​日野 宏紀

1989年生まれ。茨城県牛久市出身。

高校卒業後から3年放浪生活をした後、大学受験を決意し2015年に中央学院大学 商学部経営学科入学。

 

代表 波多野の考えに共感し2018年11月に入社。

建設業界で働いた経験を生かしドローン×建設業の新たな活用法を探索する。

Founder, COB, GRIFF Aviation

Leif Johan Holand

Mr. Holand has been in the helicopter industry since 1995 and owner of Magic Air AS. His responsibility was as a helicopter gyro-operator and coordinator of helicopter mission for lager TV, feature film and commercial shootings. He has been CEO of a multimedia company Fuglefjellet and are now the head of GRIFF Aviation as the COB and business development. The goal for GRIFF Aviation is to develop the safest, most industrial UAS system.

インターン

​林城太郎

1996年生まれ。岐阜県岐阜市出身。慶應義塾大学SFC在学。大学受験における地方と都市の知識格差に問題を感じ、「授業をしない学習塾」の起業、運営に関わり自身も複数の生徒を地方に持つ。

代表の波多野と出会い、「社会を劇的に良くする社会インフラの構築」という高い志と、DFAドローンの圧倒的なスペックに惹かれドローン産業に足を踏み入れる。

大学にあるドローンの授業を複数履修し、ゼミではドローンビジネスとデータサイエンスを専攻。

​アドバイザー

楽天株式会社

野寺雄太

Stand by C Inc.

深野竜矢

楽天株式会社

岩間心平

株式会社サムライインキュベート

榊原健太郎

​会社概要

名称:株式会社Drone Future Aviation

代表取締役社長:波多野昌昭

本店登記住所:東京都渋谷区渋谷1-7-5 青山セブンハイツ2F

創業:2017年9月

資本金:1,000,000円

事業内容:ドローン機体販売、リース、訓練施設の運営など。

主要取引先:日本郵便株式会社、東京電力パワーグリッド株式会社、Griff Aviation AS.